Vol.049教師を続けている理由
~これまでにない教員像が必要な時代~

 私は、今年で教員9年目を迎えました。学生の時も、教員になってからも私の学校に対して、学校が「苦手だ」という見方は変わっていません。
 学校は、強者(いわゆる「陽キャ」)の主張によって成り立っていることが多いでしょう。例えば、「いじめた側の生徒の謝罪を、された側の生徒が受け入れる」、「その集団の当たり前に当然のようになじむ」、「仕掛けを行うことで生徒の動機づけが強化され学習に前向きになる」、「指導したり、計画通り実行したりすることで生徒に望ましい変化が訪れる」などが挙げられます。これらのことにうまく適応した人物が模範的であり、学校が好きになった人物が教師になっていくことが多いでしょう。これらと逆の人物は、未成熟で協調性がないように扱われることがあります。謝罪を受け入れたくない生徒(これまでも嫌な思いをし続けていたようにみえる生徒)に対して「謝ったのだから受け入れなさい。大人になれ。」と指導する教師、その学校や授業のあたりまえを振りかざし他人を批判する教師などもその一例です。果たしてその捉え方でいいのかと思うわけです。
 この背景にあるのは、うまく学校に適応してきた教師が、それまでの学校生活で獲得した通念や、一般社会において言われていることのうち自分のもっている通念に合致するものを指導に援用しがちだからだと考えます。同時に、強者の理論が教師の思考停止を招いているといってもいいでしょう。
 しかしながら、このような学校現場における思考停止からの脱却のために、違和感を覚え現状に対して疑問を投げかける人物は重要な役割を担うと思っています。例えば、コンピテンシーベースへの移行に対して、それは妥当な変化か、教育の目的から考えてどのように位置づくか、それ以外の可能性はないかということを考えていくことは重要でしょう。探究が推進される過程で、探究至上主義と反探究的な主張に2極化し、ゆとり教育のように批判の的にならないとも言い切れません。つまり、問題は教育内容や方法によらず、強者の理論による一方的な同調や順応を進めることで解決を目指す一方で、効果的ではなかったという反発が生まれる構図であり、教師の思考回路そのものにメスを入れていくことが解決に必要だといえます。
 組織マネジメントの視点から考えると、日本の学校組織には「同調性」が働いていることが多く、現状に疑問を投げかけることはおろか、一定の資質に限定された教員集団が多様な生徒に「共感」し発達をサポートすることについても限界があるでしょう(同様に、私も共感できる幅には限界があります)。多様な感性をもった教師による、本当の意味での協働が必要なのです。だからこそ、学校というものに違和感をもっている私が教員であり続けることには一定の意味があると思っています。

北海道立教育研究所附属理科教育センター
研究研修主事 高田将寛
pdfをダウンロードできます!

HUMAN一覧

human Vol.050
私が子どもと関わる時に
大切にしていること
経験した三つの役割を通じて
2021.8
human Vol.049
教師を続けている理由
これまでにない教員像が必要な時代
2021.8
human Vol.048
オンラインでのことばの支援
目的にたどり着く方法を選んでいく
2021.5
human Vol.047
企業の総合職と公立高校の教員を経験して感じること
東京都立小平西高等学校
公民科主任教諭 竹達 健顕
2021.03
human Vol.046
今日の授業は子ども達のためにできましたか。
小平市教育委員会教育部
指導課 指導主事 松田 弦
2021.2
human Vol.045
価値観が変わった3年間
世田谷区立尾山台小学校
主任教諭 大宮雅弘
2021.1
human Vol.044
教員の働き方改革とは何か
板橋区立板橋第三中学校
大西健太
2020.12
human Vol.043
学級通信とともに
東京学芸大学附属小金井小学校
大村幸子
2020.11
human Vol.042
脳みそリセット
東京学芸大学附属世田谷小学校
長坂祐哉
2020.10
human Vol.041
”よさ”を大切にする
葛飾区立上小松小学校
副校長 林正隆
2020.09
human Vol.040
思いはしなやかに
前東京学芸大学附属世田谷小学校副校長
東京学芸大学非常勤講師 藤田留三丸
2020.08
human Vol.039
漫画家から教員に
板橋区立成増小学校教諭 渡邊一平
2020.07
human Vol.038
やりたいことをやってみる
小金井市立南小学校教諭 高橋雅子
2020.06
human Vol.037
脱“皮”学校の僕
~Zoomによる授業研究会~
高崎市立並榎中学校教諭 小林大介
2020.05
human Vol.036
日記と子どもの理解
成城学園初等学校教諭 高橋丈夫
2020.04
human Vol.035
H先生とA君
杉並区立杉並和泉学園和泉中学校
非常勤教員 飯田良高
2020.03
human Vol.034
第87回 授業と子どもを考える会
桐蔭横浜大学教授 谷本直美
2020.02
human Vol.033
いつもヒントは目の前の子ども達に
中部学院大学短期大学部 幼児教育学科 助教 小室明久
2020.01
human Vol.032
「新しい音楽教育を考える会」による音楽づくりワークショップ
小田原短期大学 助教 中村昭彦
2019.12
human Vol.031
「せつないって、なぁ〜んだ?」
文京区立林町小学校 主任教諭 清水 良
2019.11
human Vol.030
「他力本願がつないだ縁、広がる世界」
埼玉県所沢市立三ケ島中学校 佐藤 彩弥
2019.10
human Vol.029
ケイさんからの電話
元東京都公立小学校教諭 大貫耕一
2019.09
human Vol.028
教師が伸びれば、子供も伸びる
調布市立第三小学校 小島大樹
2019.08
human Vol.027
よし!体育の勉強会を創ろう
流通経済大学 教授 福ヶ迫善彦
2019.07
human Vol.026
半世紀生きて、やっと英語を楽しむ気持ちになりました!
青森県三戸町立斗川小学校教頭 竹原まり子
2019.06
human Vol.025
「出会い」を求めて 〜異文化交流のすすめ〜
香川県高松市立東植田小学校教諭 窪田啓伸
2019.05
human Vol.024
児童一人ひとりが居心地の良い学級
千葉県松戸市立旭町小学校教諭 丹隆二
2019.04
human Vol.023
第2回「教えて! 先輩!」
若手だからできること、中堅だからできること
2019.04
human Vol.022
師匠と弟子
宮城県 登米市立米山中学校 主幹教諭(安全担当)及川政彦
2019.03
human Vol.021
理想を超えられるように
佐賀県唐津市立大志小学校教諭 清水皓太
2019.02
human Vol.020
生徒にとっての「良い授業」を
和歌山県田辺市立東陽中学校教諭 大家育海
2019.01
human Vol.019
教育は共育
茨城県つくば市立春日学園義務教育学校校長 石川栄樹
2018.12
human Vol.018
"心を解放し、自由に表現できる場"を作りたい
東京都品川区立清水台小学校教諭 中田顕一
2018.11
human Vol.017
第1回「教えて! 先輩!」
「いろいろな目」で物事を見ることの大切さ
2018.11
human Vol.016
境目の1メートル
埼玉県さいたま市立谷田小学校校長 井原政幸
22018.10.
human Vol.015
私にとっての教育
長野県小諸市立美南ガ丘小学校校長 鈴木雅幸
2018.08
human Vol.014
ツイています
東京都調布市立杉森小学校校長 森田康之
2018.06
human Vol.013
教師としての土台となる1年間
東京都北区立田端小学校教諭 梶川侑哉
2018.05
human Vol.012
魅力ある先生って?
岡山県岡山市立五城小学校校長 小川泰永
2018.04
human Vol.011
生徒理解につとめた日々
check out
2018.03
human Vol.010
道具がつくれる人間を育てよう
東京都府中市立府中第四中学校校長(全日本中学校技術・家庭科研究会 顧問) 三浦 登
2018.02
human Vol.009
すべての経験が財産となる
東京都西東京市立保谷中学校養護教諭 野田優子
2018.01
human Vol.008
「レジリエンス」を育てる教育の重要性
福岡県立三潴高等学校校長 橋本真理子
2017.12
human Vol.007
「生きる力」を育む「体育授業」
岩手県西和賀町立湯田小学校校長(体育授業研究会理事長) 盛島 寛
2017.10
human Vol.006
体育講師との出会い
東京都足立区立千寿本町小学校教諭 小林祐太
2017.09
human Vol.005
未知なる世界への誘い
大阪教育大学附属高等学校平野校舎教諭 松田雅彦
2017.08
human Vol.004
教師として、屋台骨をつくることができた時期
山口大学教育学附属光小学校教諭 才宮大明
2017.07
human Vol.003
教えているつもりが教えられ
東京都品川区立後地小学校校長 石出浩朗 
2017.06
human Vol.002
まわり道・・・だったからこそラッキーの連続!講師生活
香川県高松市立前田小学校教諭 畦田絵里子
2017.05
human Vol.001
探求と創造への注力
東京学芸大学教授、東京学芸大学附属世田谷小学校校長 松浦 執
2017.04