Vol.025「出会い」を求めて 〜異文化交流のすすめ〜

 「このまま、年を取っていくんじゃないだろうか・・・」当時、附属学校から公立学校に転任したばかりの私は、授業を見たり見てもらったりする機会や、「授業づくり」について“侃々諤々”の議論を交わす機会が減ったことに焦りを感じていました。30代半ばの頃、ある尊敬する先輩から言われた「実践は40を過ぎてからおもしろいんだよ」という言葉も心のどこかに引っ掛かっていました。
15年余り前、40になった私は、意を決して県外の“研究会行脚”を始めました。研修の場を敢えて「県外」に求めたのは、“異文化”に触れたかったからです。

 10年程前、休日開催(学校に迷惑がかからない)という理由だけで“たまたま”参加した関西のある附属小学校の研究会で、私は一人の体育教師と運命的な出会いをしました。名前も知らなかったその教師の授業を見終えた私は、何とも言えない感動の余韻に浸りました。「教材」、「授業マネジメント」などの授業構想は無論のこと、子どもとの「相互作用」が素晴らしく、一回りも若いその教師の授業に私は“脱帽”せざるを得ませんでした。

 休憩時、昼食をとりながらその授業を反芻していた私の耳に、隣の教室から教師と子どもの対話する声が聞こえてきたのです。彼の声でした。どうやら、小さな諍いが生じ、関係する子どもたちと話をしているようでした。内容の詳細を述べる紙幅はありませんが、とにかく、その時の彼の対応にとても惹かれたことをはっきりと覚えています。「何て情熱的で温かい教師だろう」。授業の印象と合わせて、私は益々彼に惚れ込みました。

 翌年の7月、福岡で開催された研究会で思いがけず彼と再会したのです。授業の話題で盛り上がった後、私は思い切って所属する「体育授業研究会」に彼を誘いました。8月、彼は私の誘いに応じて顔を見せてくれました。夜の懇親会でのこと、彼の口から思いがけない依頼がありました。「11月に自らが主宰する研究会を立ち上げるので、講師の一人として参加してほしい」とのことでした。一も二も無く了解したことは言うまでもありません。

 それから10年以上、ほぼ毎年、私は“あの授業”に出合った附属小学校や、彼の主宰する研究会に参加しました。そしてこの出会いは、新しい実践研究の繋がりも生み出すことになりました。彼の研究会と、私が所属する県内の研究会との交流が始まったのです。

 「出会い」というのは、本当に素晴らしいものです。彼との出会いが、私をもう一度“実践者”として覚醒させてくれました。そして、“行脚”を通して全国の実践者との繋がりも生まれ、様々な刺激を受けながら、私は今も自らの実践を問い続ける喜びを感じています。

 「40を過ぎてからおもしろい」。先の先輩の言葉の意味が、教職生活も残り少なくなった今、やっと少しだけ分かったように思います。人(子ども)を相手にする「教育」(授業)に“ゴール”はないのでしょう。それでも、“何か”を求めて前に進む。その“何か”とは、きっと子どもたちの笑顔なのだと思います。

 私は今日も子どもたちの前に立ちます。「出会い」に感謝しつつ・・・。

香川県高松市立東植田小学校教諭 窪田啓伸
pdfをダウンロードできます!

HUMAN一覧

human Vol.031
「せつないって、なぁ〜んだ?」
文京区立林町小学校 主任教諭 清水 良
2019.10
human Vol.030
「他力本願がつないだ縁、広がる世界」
埼玉県所沢市立三ケ島中学校 佐藤 彩弥
2019.10
human Vol.029
ケイさんからの電話
元東京都公立小学校教諭 大貫耕一
2019.09
human Vol.028
教師が伸びれば、子供も伸びる
調布市立第三小学校 小島大樹
2019.08
human Vol.027
よし!体育の勉強会を創ろう
流通経済大学 教授 福ヶ迫善彦
2019.07
human Vol.026
半世紀生きて、やっと英語を楽しむ気持ちになりました!
青森県三戸町立斗川小学校教頭 竹原まり子
2019.06
human Vol.025
「出会い」を求めて 〜異文化交流のすすめ〜
香川県高松市立東植田小学校教諭 窪田啓伸
2019.05
human Vol.024
児童一人ひとりが居心地の良い学級
千葉県松戸市立旭町小学校教諭 丹隆二
2019.04
human Vol.022
師匠と弟子
宮城県 登米市立米山中学校 主幹教諭(安全担当)及川政彦
2019.03
human Vol.023
第2回「教えて! 先輩!」
「いろいろな目」で物事を見ることの大切さ
2019.04
human Vol.021
理想を超えられるように
佐賀県唐津市立大志小学校教諭 清水皓太
2019.02
human Vol.020
生徒にとっての「良い授業」を
和歌山県田辺市立東陽中学校教諭 大家育海
2019.01
human Vol.019
教育は共育
茨城県つくば市立春日学園義務教育学校校長 石川栄樹
2018.12
human Vol.017
第1回「教えて! 先輩!」
「いろいろな目」で物事を見ることの大切さ
2018.11
human Vol.018
"心を解放し、自由に表現できる場"を作りたい
東京都品川区立清水台小学校教諭 中田顕一
2018.11
human Vol.016
境目の1メートル
埼玉県さいたま市立谷田小学校校長 井原政幸
22018.10.
human Vol.015
私にとっての教育
長野県小諸市立美南ガ丘小学校校長 鈴木雅幸
2018.08
human Vol.014
ツイています
東京都調布市立杉森小学校校長 森田康之
2018.06
human Vol.013
教師としての土台となる1年間
東京都北区立田端小学校教諭 梶川侑哉
2018.05
human Vol.012
魅力ある先生って?
岡山県岡山市立五城小学校校長 小川泰永
2018.04
human Vol.011
生徒理解につとめた日々
check out
2018.03
human Vol.010
道具がつくれる人間を育てよう
東京都府中市立府中第四中学校校長(全日本中学校技術・家庭科研究会 顧問) 三浦 登
2018.02
human Vol.009
すべての経験が財産となる
東京都西東京市立保谷中学校養護教諭 野田優子
2018.01
human Vol.008
「レジリエンス」を育てる教育の重要性
福岡県立三潴高等学校校長 橋本真理子
2017.12
human Vol.007
「生きる力」を育む「体育授業」
岩手県西和賀町立湯田小学校校長(体育授業研究会理事長) 盛島 寛
2017.10
human Vol.006
体育講師との出会い
東京都足立区立千寿本町小学校教諭 小林祐太
2017.09
human Vol.005
未知なる世界への誘い
大阪教育大学附属高等学校平野校舎教諭 松田雅彦
2017.08
human Vol.004
教師として、屋台骨をつくることができた時期
山口大学教育学附属光小学校教諭 才宮大明
2017.07
human Vol.003
教えているつもりが教えられ
東京都品川区立後地小学校校長 石出浩朗 
2017.06
human Vol.002
まわり道・・・だったからこそラッキーの連続!講師生活
香川県高松市立前田小学校教諭 畦田絵里子
2017.05
human Vol.001
探求と創造への注力
東京学芸大学教授、東京学芸大学附属世田谷小学校校長 松浦 執
2017.04