Vol.024児童一人ひとりが居心地の良い学級

 教師になって4年が経とうとしています。私は現在、小学校教諭として教壇に立っています。4年という短い期間ですが、これまでの経験についてお話したいと思います。

 私は毎年「児童一人ひとりが居心地の良い学級」を目指して学級経営に取り組んでいます。どうしたら居心地が良いクラスになるのか。まずは教師が一人ひとりをよく理解することだと思いました。しかし、初任の頃、児童一人ひとりは全く別の生き物、というあたりまえのことに苦戦しました。一人ひとりに合った接し方がなかなかわからず、うまくコミュニケーションがとれなかったこともありました。この経験が2年目以降に活かされました。私が毎日心掛けていることは必ず1日1回以上、児童全員と会話をすることです。また毎日の宿題で日記を出しています。これらの取り組みで児童一人ひとりの些細な変化を見逃さなかったり、児童理解にもつながったりしています。

 「教師は授業で勝負」と研修等で耳にします。つまらない授業を行っていたら居心地は良くなりません。今年度は特に社会の教材研究に力を入れました。毎回の板書計画と流れ、実際の板書の写真を一冊のノートにまとめ、PDCAサイクルを実践してきました。(写真1)デジタル教科書等のICTも活用することで、児童の興味をかきたて、知識や思考にもつながりました。

写真1

 授業の悩みとしては、国語の授業展開があります。校内研修で2度授業をしましたが、まだまだ課題が多く残ります。自然と教科書を開きたくなる発問、まとめを書かせる際に効果的な板書、児童が興味をもって取り組めるような三次の言語活用など、課題はたくさんありますが、一つ一つと向き合っていきます。

 ここまでは教師対児童の話でしたが、児童対児童の関係性も大きなポイントだと思います。「協力しよう」「友達に優しくしよう」。口で言うのは簡単ですし、誰でもできます。いかに実践に移せるか。その手段の一つに道徳の授業があると思います。なるべく児童の本音を引き出し、教師の価値をおしつけないようにしつつ、「ねらい」へと導くか。教室には毎時間の道徳感想集を掲示しています。(写真2)「私の感想が書かれていた!」と嬉しそうに私に報告する児童もいました。意外と教室掲示を見ているのだと改めて掲示物の大切さを実感しました。道徳の授業や掲示物が「特効薬」ではなく「カンフル剤」として児童の心に残り、実践力になるよう、長い期間をかけていきたいと思います。

写真2

 私は今後も「児童一人ひとりが居心地の良い学級」という軸をもとに学級経営を行っていきたいと思います。そしてゆくゆくは、「居心地の良い学年」「居心地の良い学校」になるよう努めていきたいです。

千葉県松戸市立旭町小学校教諭 丹隆二
pdfをダウンロードできます!

HUMAN一覧

human Vol.028
調布市立第三小学校 小島大樹
教師が伸びれば、子供も伸びる
2019.08
human Vol.027
よし!体育の勉強会を創ろう
流通経済大学 教授 福ヶ迫善彦
2019.07
human Vol.026
半世紀生きて、やっと英語を楽しむ気持ちになりました!
青森県三戸町立斗川小学校教頭 竹原まり子
2019.06
human Vol.025
「出会い」を求めて 〜異文化交流のすすめ〜
香川県高松市立東植田小学校教諭 窪田啓伸
2019.05
human Vol.024
児童一人ひとりが居心地の良い学級
千葉県松戸市立旭町小学校教諭 丹隆二
2019.04
human Vol.022
師匠と弟子
宮城県 登米市立米山中学校 主幹教諭(安全担当)及川政彦
2019.03
human Vol.023
第2回「教えて! 先輩!」
「いろいろな目」で物事を見ることの大切さ
2019.04
human Vol.021
理想を超えられるように
佐賀県唐津市立大志小学校教諭 清水皓太
2019.02
human Vol.020
生徒にとっての「良い授業」を
和歌山県田辺市立東陽中学校教諭 大家育海
2019.01
human Vol.019
教育は共育
茨城県つくば市立春日学園義務教育学校校長 石川栄樹
2018.12
human Vol.017
第1回「教えて! 先輩!」
「いろいろな目」で物事を見ることの大切さ
2018.11
human Vol.018
"心を解放し、自由に表現できる場"を作りたい
東京都品川区立清水台小学校教諭 中田顕一
2018.11
human Vol.016
境目の1メートル
埼玉県さいたま市立谷田小学校校長 井原政幸
22018.10.
human Vol.015
私にとっての教育
長野県小諸市立美南ガ丘小学校校長 鈴木雅幸
2018.08
human Vol.014
ツイています
東京都調布市立杉森小学校校長 森田康之
2018.06
human Vol.013
教師としての土台となる1年間
東京都北区立田端小学校教諭 梶川侑哉
2018.05
human Vol.012
魅力ある先生って?
岡山県岡山市立五城小学校校長 小川泰永
2018.04
human Vol.011
生徒理解につとめた日々
check out
2018.03
human Vol.010
道具がつくれる人間を育てよう
東京都府中市立府中第四中学校校長(全日本中学校技術・家庭科研究会 顧問) 三浦 登
2018.02
human Vol.009
すべての経験が財産となる
東京都西東京市立保谷中学校養護教諭 野田優子
2018.01
human Vol.008
「レジリエンス」を育てる教育の重要性
福岡県立三潴高等学校校長 橋本真理子
2017.12
human Vol.007
「生きる力」を育む「体育授業」
岩手県西和賀町立湯田小学校校長(体育授業研究会理事長) 盛島 寛
2017.10
human Vol.006
体育講師との出会い
東京都足立区立千寿本町小学校教諭 小林祐太
2017.09
human Vol.005
未知なる世界への誘い
大阪教育大学附属高等学校平野校舎教諭 松田雅彦
2017.08
human Vol.004
教師として、屋台骨をつくることができた時期
山口大学教育学附属光小学校教諭 才宮大明
2017.07
human Vol.003
教えているつもりが教えられ
東京都品川区立後地小学校校長 石出浩朗 
2017.06
human Vol.002
まわり道・・・だったからこそラッキーの連続!講師生活
香川県高松市立前田小学校教諭 畦田絵里子
2017.05
human Vol.001
探求と創造への注力
東京学芸大学教授、東京学芸大学附属世田谷小学校校長 松浦 執
2017.04