MADE IN TOKYO GAKUGEI UNIV. CHILDREN INSTITUTE FOR THE FUTURE
vision Vol.156
「教員の働き方改革」②
「教員の働き方改革」②
2019.08
elements Vol.084
子どもの困難さに寄り添う②
読み書きに困難さがある子への支援
2019.07
human Vol.027
よし!体育の勉強会を創ろう
流通経済大学 教授 福ヶ迫善彦
2019.07
Codolabo STEMひろば
STEM
Codolabo STEMひろばは、こども向けの問題解決ラボです。講師の先生や参加者と一緒に、身の回りに存在するさまざまなミッションに挑戦。 ブロックやプログラミングを使って、自分で考えた好きな方法で自由に課題解決に取り組むことができます。
2019.08
EDUAI
人工知能(AI)と教育者養成
AIを主題とした日本で初めての教育学系の教育研究組織であるこのプログラムの内容と現状をご報告するとともに、今後、産業界や行政、学校現場、他大学との連携・協働を強化し、多くの志のある大学生に本研究プログラムを志望していただくために、下記の要領で「キックオフシンポジウム」を開催いたします。どうぞご参会いただけますように、お誘い申し上げます。
2019.07
キャラクター未来研究所
NEWS / EVENT
「キャラクター」をキーワードとして、一般の方と一緒に活動を行っていくための新プロジェクト「キャラクター未来研究所」を始動いたします!本プロジェクトのうち、サロン活動は参加者募集を開始しました。締切は7月31日(水)です。以下にて詳細をご確認ください。
2019.07
運動あそび発明プログラム体験会
NEWS / EVENT
運動遊びやスポーツには、仲間と夢中になって課題解決に取り組む体験がたくさん含まれています。子どもたちは良質な遊びに夢中になる中で、創造的で、協働的な問題解決力を育んでいくことができます。運動能力の向上ではなく、身体の動かし方を楽しみながら、運動遊びを考えることを通じて、仲間との協働関係の構築や自己肯定感を高めることを目的としたプログラムです。
2019.08
教えて! 先輩!
RELATION REPORT
教員志望の学生が若手教師に、若手教師が中堅・ベテラン教師に話を聞きに行く連載企画「教えて! 先輩!」。第2回は、教員生活5年目の千葉萌子先生が、12年目の牧孝次朗先生に話をお聞きました。体育研究の仲間でもある2人が、研究活動と学校の仕事の両立のコツや、教師間のコミュニケーションのあり方、若手と中堅の違いなどについて語り合いました。(収録:2018年12月)
2019.04
STEM教育プロジェクト
KAMAKEのすてむ
弊所STEM教育プロジェクトが監修をしているSTEM教室"KAMAKEのすてむ"(運営:株式会社KAMAKEのすすめ)がcodolabo studioにて2019年5月から開校します!
2019.04
東京学芸大こども未来研究所
関連サイト新着情報
まちはデッカイ教室だ
COMMUNITY EDUCATION
これからの時代を生き抜いていくために求められる力、社会に能動的に係っていくために育むべき力とは何でしょうか。この地域教育プログラムでは東京学芸大学の「学び」の知見を地域や社会に還元していくことを狙いとしながら、あなたのまちをステージに、変動の激しい時代を切り拓くヒントとしての「遊び」と「学び」、「地域教育」の可能性を、まちの方々とともに探究します。
2018.11
こどスクール
CODOSCHOOL
「学び」の扉をひらいてみよう。
学校外教育の活用メソッドである「codoschool」は、“遊びは最高の学び!”という考えから生まれました。「遊び」の本質は、“楽しい!面白い!”
2018.11
建築部
CONSTRUCTION DEPT
「子どもの行動心理」などを取り入れ楽しみながら学びが身に付く・遊びながら社会が身に付く場としたキッズルームをプランニング。良好なコミュニケーションを誘発するような仕掛けを
2018.11
ABOUT US
Gakugei Univ. Children Institute for the Future
特定非営利活動法人 東京学芸大こども未来研究所について
2018.11

Mail Magazine Subscribe

下記記入欄よりメールアドレスをご記入いただくだけで、最新情報をメールでお届けします。
メールアドレス

JOIN US!!

わたしたちと一緒に教育に関する研究をしませんか?
興味のある方は下記ボタンよりご連絡ください。